ゲーミングマウスの選び方

2014年現在、マウスには大きく分けて光学式とレーザー式の二種類があります。
解像度や読み取り精度等、数値的なスペックにおいては、レーザー式マウスに軍配が上がりますが、
読み取り精度が高いということは、それだけ誤作動を起こす可能性も高いということです。
では光学式マウスの方がゲーミングマウスに適しているのかと言えば、一概にそうとも言い切れません。
どちらも一長一短であるのが現状といえるでしょう。

では、ゲーミングマウスを選ぶ上で、どのようなポイントに注目すれば良いのでしょうか。
私が重要視しているのは、総合的な安定性です。
この、安定性の差異が最も顕著に現れるのが、有線マウスと無線マウスです。
はっきり言って、無線マウスはゲームをプレイするには適していません。
遅延や誤作動の可能性が有線マウスより高く、バッテリー切れの心配もあります。
前者は高性能な無線マウスを選ぶことで緩和できるデメリットですが、後者は電源供給をバッテリーに頼るしかないので、どうしようもありません。
バッテリー残量がなくなれば、当然マウスは動かなくなりますから、特に動的なゲームのプレイには致命的と言えます。
ゲーミングマウスとしてマウスを探すなら、まずは有線マウスに絞るべきです。

次に重要なのは、自分とマウスの相性です。
高いレベルのゲームプレイにおいて要求されるのは、マウスの性能よりも、どれだけマウスを使いこなせるかです。
現在、様々なゲームでプロプレイヤーが活躍しており、彼らが勧めるマウスも多々あります。
もちろん、実際にプロプレイヤーがゲームに使用しているマウスですから、一定以上の品質は保証されると考えて良いでしょう。
しかし、いくら高性能なマウスでも、自分が使いづらいと思ったマウスを使い続けるメリットはありません。
人はそれぞれ手の大きさも違いますし、指の長さも違いますから、単純にマウスの形や大きさによっても、使いやすさは大きく変わってきます。
幸い、現在はレビューサイトやインターネット上の口コミなどで、購入する前に使用感を予想することが出来ます。
BTOパソコン比較したら、PCだけでなくデバイスにも気を配りましょう。様々な情報を正しく活用し、自分が使いこなせるマウスを選ぶことが重要です。

最後に、耐用年数や保証期間についてです。
マウスの耐用年数は一般的に長く考えられており、5年のメーカー保証がつく場合もあります。
ただし、注意したいのが、保証がなかった場合、相性が良いマウスでも、壊れてしまった時に再度購入できない可能性がある点です。
マウスはモデルチェンジが激しい商品で、メジャーモデルだけでなく、多くのマイナーモデルも存在します。
マイナーなモデルは生産台数が少ない場合が多く、発売から長期間を経ると既に絶版、中にはプレミアがついているものもあります。
前項でも書いたとおり、マウスは相性が非常に重要ですから、手に馴染んだマウスを他のものに変えると、ゲームプレイのパフォーマンスが落ちることもあります。
予期せぬアクシデントで、大事なマウスが壊れてしまった時の為にも、メーカー保証・販売店保証を軽視しないことが重要です。